教育の果たす重要な役割と必要性

教育

教育の果たす重要な役割と必要性

教育の果たす重要な役割と必要性

教育は、国家百年の大計と言われるように、国にとって重要な役割を果たします。
例えばある国に産業に有益な資源があったとしても、それを製品化して輸出し、外貨を稼ぐためには、それなりの知識がなければできません。
すなわち、資源が豊富であったとしても、最終的には人間が介在することになります。
このため、人材を育成する教育は極めて重要な役割を果たすことになります。
社会や経済が複雑になっている現代社会に置いては、一定の知識を持った人材の層が必要です。
また、一定の購買層を持つためには、一定の収入を獲得することが必要です。
そのためには、一定の収入を得ることができる職業に就くために、教育を受けることが必要です。
義務教育はすべての人が受けることになりますが、さらに高等教育を受けさせることで、国力の強化にもつながります。
経済状況が厳しくなると、教育費もカットされていきますが、人材はあらゆる分野で必要ですので、他の予算を削減しても教育の機会を保障することが必要です。